京都まちづくり交通研究所
   
まち交研の事業
かわらまち・よるバス
ぎおん・よるバス
京都ひるバス
京都まちなか駐輪場
京都観光地めぐり時刻表
京都観光よるバス
京都まちなか交通・観光案内所
京都まちなかウォーキングツアー
京都まちなかウォーキングツアー
京都らくなんエクスプレス
活動
問い合せ


連携プロジェクト
あさひまちバス
天橋立・伊根
New

●2014年3月22日(土)から、「東寺・水族館・西本願寺エクスプレス」の運行を開始しています。
京都駅の新幹線側の出入口の京都駅八条口から、世界遺産の「東寺」と「西本願寺」、京都の新しい観光魅力となっている「京都水族館」と「梅小路公園」をコンパクトに結びます。

●2013年11月から「京の老舗めぐり」をリニューアルし、さらに魅力的な老舗に協力していただいて実施しています。

●2013年6月24日(月)から、京都まちなかウォーキングツアーとして、「京の老舗めぐり」を新たに開始しています。
京都のまちなかにある大変有名な老舗を訪問させていただいて、お店の歴史やこだわりなどのお話を聞かせていただいたり、お茶や紙箱作りの体験をしたりできる京都ならではの、とっておきのツアーです。
月曜から金曜まで、5つのコースを用意しました。  
日曜日に実施している京都のまちなかの歴史を巡る「京都まちなかウォーキングツアー」も引き続き実施しています。

●2013年4月13日(土)から「京都ひるバス」の運行を開始しています。

●2012年12月1日から、本研究所の新しい事業として「京都観光ひるバス」の運行を開始しました。
今回は、12月の土日(1日から22日までの土日8日間)の限定運行です。2013年春からは本格運行を行う予定です。

●2012年9月から富山県下新川郡朝日町で、まちづくり活動に参加しています。商工会青年部主催の昼市(まめなけ市場)には、毎月参加しています。

●2012年8月末 まち交研事業のご利用者数が通算で100万人を突破しました。
「かわらまちよるバス」、「ぎおんよるバス」、「ろっくん広場駐輪場」、「京都観光よるバス」、「京都らくなんエクスプレス」のご利用者数の合計です。
(無料でご利用いただいている「京都観光地めぐり時刻表」、「京都まちなか交通・観光案内所」のご利用者数はこの数には含んでいません。)

●2012年3月15日から5月6日まで、「京都観光よるバス」を毎日運行します。
通常は、木・金・土・祝前日の運行ですが、大変ご好評をいただいていますので、2012年の春シーズンは毎日運行いたします。

●2011年10月15日から、本研究所の新しい事業として、「京都らくなんエクスプレス」の運営を行っています。
京都市の南部でまちづくりが進んでいる「らくなん進都」地区と、「京都駅」をつなぐ新しいバスシステムです。 京都駅から、城南宮・京都パルスプラザ・京セラ本社・伏見警察署・月桂冠大手蔵・宝酒造伏見工場(西)・蘇生会病院等へのアクセスに大変便利です。

●2011年7月12日に、本研究所の新しい事業として、京都・四条河原町に「京都まちなか 交通・観光案内所」を開設しました。

------------------------------------------------
「京都まちづくり交通研究所」は,まちづくりや交通に関する事業を実施することによって,都市の活性化や交通利便性の向上に貢献することを目的として 設立した合同会社(LLC)です。
 当初は,有限責任事業組合(LLP)として発足し,事業の順調な推移を受けて,2009年より法人格を持つ合同会社に変更しました。
 2007年度には,夜間バス『かわらまち・よるバス』を京都市交通局と連携して運行するとともに,地元の駐輪事業者との連携によって,都心部に位置する『新京極・ろっくんプラザ駐輪場』の設置・運営を開始しました。

 現在,下記の事業を展開し,多くの皆様にご利用いただいています。

●かわらまち・よるバス
 河原町三条・四条河原町と,京都駅を結ぶ夜間バス。夜10時から11時30分まで,10分間隔で運行。四条河原町周辺から京都駅への夜の利便性を画期的に向上させました。  2007年12月の運行開始以来,すでに約29万人にご利用いただいています(2011年12月末時点)。

●ぎおん・よるバス
 祇園から四条通を通り,四条烏丸を経由して京都駅へ向かう夜間バス。夜9時から10時30分まで,10分間隔で運行。京都駅へのお帰りの足が不便であった祇園地区などを便利にして,街の活性化を促すために運行を開始。2009年12月から運行。すでに7万人を越えるご利用をいただいています(2011年12月末時点)。

●京都観光よるバス
 夜の観光魅力が少ないという京都観光の弱点を補い,より一層の観光振興と京都の魅力の向上のために夜に安価で気軽に京都を周遊できる観光バスとして,2010年4月より本格運行を開始。日本語のアナウンスのほか,英語・中国語・韓国語のアナウンスも行い,外国人旅行客にとっての選択肢の増加にも寄与することを目的としています。

●新京極・ろっくんプラザ駐輪場
 以前は違法駐輪であふれていた新京極六角のろっくんプラザを整備して路上駐輪場を設置し,2008年1月から運営しています。違法駐輪がなくなり,広場がきれいになるとともに,都心への来訪が便利になっています。
 運用開始以来,約24万8,000台のご利用をいただいています(2011年3月末時点)。

●京都観光地めぐり時刻表
 京都の主要な観光地間を移動する際に便利な経路をwebで検索して,その時刻表を一覧表示できるシステムを京都大学と共同で開発して運用しています。市内の世界遺産や京都駅など観光客の利用が多い20箇所を結ぶ全ての便の検索が可能です。

●京都観光地めぐり 「オートスケジュラ−」
 一般の時刻表検索システムは、2地点間のダイヤを検索するものですが、このオートスケジュラ−は、複数の地点を回りたい時の最適なダイヤを検索します。例えば、京都観光では、金閣寺と銀閣寺と下鴨神社を回りたいけど、どのようにして回るのが一番いいかということを知りたい場面はよくあります。
出発地点と最終目的地のほかに、途中で回りたい箇所や、その場所での滞在希望時間を入れると、自動的に最も効率的な回り方を検索します。

●京都まちなか交通・観光案内所
 四条河原町から北へ、約2分。京都の中心部に「交通と観光の案内所」を設けました。交通情報や観光情報の提供のほか、市バス1日乗車券やガイドブック等の販売も行っています。観光よるバスやウォーキングツアーの割引予約受付なども行っています。 京都の中心部に観光案内所がなかったことから当研究所が中心となって設置したものです。 (2011年7月12日運営開始

●京都まちなかウォーキングツアー
 日曜日の午前に、「京都まちなか交通・観光案内所」を起点に、まちなかを散策するウォーキングツアーを実施しています。京都検定に合格した皆さんで作られたNPO法人「都草」さんの案内によるものですので、充実した内容をお楽しみいただけます。

●京都らくなんエクスプレス
 京都市の南部でまちづりが進んでいる「らくなん進都」地区と、「京都駅」をつなぐ新しいバスシステムです。 京都駅から、城南宮・京都パルスプラザ・京セラ本社・伏見警察署・月桂冠大手蔵・宝酒造伏見工場(西)・蘇生会病院等へのアクセスに大変便利です。(2011年10月15日から、まち交研が運営)

●京都ひるバス
 「京都ひるバス」は、快適な観光バス車両に乗りながら、路線バスのように好きな停留所を選んで自由に乗り降りできる新しい観光周遊バスです。
 世界遺産6か所をはじめとする京都の主要な観光スポットを1時間間隔で結びます。
 ルートやダイヤもわかりやすく、乗換えの心配もいりません。
 車内では、次の目的地までの間、京都を紹介するアナウンスも楽しめます。
 「次の寺社への移動時間を、もっと楽で、楽しいものに」という多くの観光客の方の声にお応えして登場したものです
(2013年4月13日開始)

●京都まちなかショップツアー
京都のまちなかにある大変有名な老舗を訪問させていただいて、お店の歴史やこだわりなどのお話を聞かせていただいたり、お茶や紙箱作りの体験をしたりできる京都ならではの、とっておきのツアーです。
月曜から金曜まで、5つのコースで実施しています。(2013年6月24日開始) 

  また,これらの事業が,民学官の共同で実施され,都市の活性化に寄与していることが認められ,下記の賞をいただきました。
・平成22年度日本都市計画学会学会賞(計画設計賞)
・京都市自治記念式典「「歩くまち・京都」特別表彰」 平成22年10月15日