English

あさひ舟川・春の四重奏


朝日・白馬連峰を背景とした「桜」と「チューリップ」と「菜の花」の競演
富山県朝日町・舟川
白馬連峰とチューリップ・菜の花
4月上旬から5月初めにかけて、舟川の桜並木とその周辺では、雪を抱く朝日・白馬連峰と青い空を背景として、桜・チューリップ・菜の花などが咲き乱れます。
山と花が奏でる春の四重奏。
白い山々を仰ぎながら、足元には花のキャンバスが広がる絶景です。


北陸新幹線の開業後、
あさひ舟川「春の四重奏」への交通アクセスは、格段に便利になりました。

  • 最寄り駅は「北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅」または「あいの風とやま鉄道(旧北陸線)・泊駅」です
  •  東京からも大阪からも十分日帰りできます。
     町内には温泉や料理旅館・民宿などもあります。


    ★北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅から 約15分

    朝日町に直行する「あさひまちエクスプレス(予約制ジャンボタクシー)」が運行されています。
    4月中は、あさひ舟川「春の四重奏」エリアで乗降できます。

    黒部宇奈月温泉駅発着の「はくたか」の全便に接続したダイヤとなっていますので、大変便利です。
    (黒部宇奈月温泉駅から舟川地区までわずか15分程度。東京から黒部宇奈月温泉駅へは約2時間30分。)

    電話かネットで、1週間前から予約できます。


    ★あいの風とやま鉄道・泊駅から 約10分

    2017年は4月16日(日)まで、毎日、下記の2路線の臨時バスが運行されます。
     A 泊駅・桜並木線 泊駅から「桜づつみ・チューリップ畑」の往復 9時から16時まで15分間隔
     B 舟川循環線   舟川地区を循環 9時から16時まで15分間隔

    臨時バスの運行日以外は、「あさひまちバス 大家荘線・らくちーの線」が運行されています。
    1日6往復(平日運行)


     最新の開花状況などは、こちらをご参照ください。(facebook)



    「舟川の桜並木とチューリップ」
    朝日・白馬連峰を背景とした花のキャンバス
    あさひ舟川・春の四重奏

    舟川・桜並木・桜のトンネル・通り抜け 白馬連峰とチューリップ2 舟川・桜並木

  • あさひ舟川「春の四重奏」を紹介していただいているページへのリンク
  •  ・【北陸新幹線で行く】富山が世界に誇る大自然 絶景・名所スポット
     ・春の四重奏 富山県と新潟県の県境の町、朝日町にとっておきの絶景ポイントがあります。
     ・百花繚乱。花と山が奏でる「四重奏」は絶景です。息をのむ美しさは、春の名所です。
     ・朝日町 北アルプス・桜・チューリップの競演
     ・山々、桜、チューリップのトリオ

  • 開花時期
  • ・桜: 桜の花は例年4月20日頃までが見ごろです。
       桜の季節の後の葉桜、新緑もまた格別です。
    ・チューリップ: 4月第1週から早咲きの品種が咲き始め、5月の連休頃まで様々な品種が咲き続けます。
    ・菜の花: 4月始めころから咲き始め、5月の連休頃まで咲き続けます。

    期間ごとの開花の状況(例年) ・4月はじめから桜の開花まで チューリップ
    ・桜の開花中         桜、チューリップ、菜の花
    ・4月中旬頃から4月下旬   葉桜、チューリップ、菜の花
    ・4月下旬から5月はじめ   新緑の桜、チューリップ、菜の花

  • 舟川桜並木・ライトアップ
  • ・4月の桜の開花時期に1週間程度 午後7時頃から午後9時頃まで実施しています。

  • 桜まつり
  • 夜には、かがり火によるライトアップも行います。幻想的な夜桜のトンネルを味わうことができます。

  • 舟川桜並木への行き方
  • 交通アクセスのページに掲載しています。

  • 鑑賞ポイント
  • 舟川周辺では、「桜並木」「チューリップ畑」「菜の花畑」「朝日・白馬連峰」のほか「立山連峰に属する僧ケ岳」など、たくさんの鑑賞ポイントがあります。
    桜のシーズンには、これらの箇所を回遊できる循環バスを運行します。


    白馬連峰とチューリップ
    背景に北アルプス白馬連峰を望む舟川の桜とチューリップ

    白馬連峰とチューリップ・菜の花
    黄色く見えているのは菜の花です。

    白馬連峰とチューリップ2
    年ごとにチューリップの色もさまざまに。

    舟川・桜並木
    舟川べりの桜並木。250本以上の桜が並びます。

    舟川・桜並木・桜のトンネル・通り抜け
    美しい桜のトンネル

    舟川・桜並木・かがり火
    桜まつりの夜には、夜桜の周辺に「かがり火」が焚かれます。