「京都まちづくり交通研究所」のwebページにようこそ

  • 「京都まちづくり交通研究所」の概要
    • 「京都まちづくり交通研究所」は、まちづくりや交通に関する事業を実施することによって,都市の活性化や交通利便性の向上に貢献することを目的として設立した合同会社です。
      京都の都心部の商業者が中心となって2007年に設立し、京都市や京都大学と連携しながら、多くのまちづくり・交通事業を実現してきました。
      最初の事業は、 京都の都心と京都駅を直結させた「かわらまち・よるバス」。その後、様々な事業を実施しながら、京都の交通と観光の魅力と利便性向上に大きく貢献しています。
  • 主な事業
    • 現在,下記の事業を展開し,多くの皆様にご利用いただいています。
    • かわらまち・よるバス
    • 河原町三条・四条河原町と,京都駅を結ぶ夜間バス。夜10時から11時30分まで,10分間隔で運行。四条河原町周辺から京都駅への夜の利便性を画期的に向上させました。2007年12月の運行開始以来,多くの皆さんにご利用いただいています。


    • ぎおん・よるバス
    • 祇園・四条京阪・四条河原町・四条高倉から,四条烏丸を経由して京都駅へ向かう夜間バス。夜8時から9時30分まで,10分間隔で運行。京都駅へのお帰りの足が不便であった祇園地区などを便利にして,街の活性化を促すために運行を開始。2009年12月の運行開始以来、多くの皆さんにご利用いただいています。

    • 新京極・ろっくんプラザ駐輪場
    • 以前は違法駐輪であふれていた新京極六角のろっくんプラザを整備して路上駐輪場を設置し,2008年1月から運営。違法駐輪がなくなり,広場がきれいになるとともに,都心への来訪が便利になっています。


    • 京都らくなんエクスプレス
    • 京都市の南部でまちづりが進んでいる「らくなん進都」地区と、「京都駅」をつなぐバスシステムです。 京都駅から、城南宮・京都パルスプラザ・京セラ本社・伏見警察署・月桂冠大手蔵・宝酒造伏見工場(西)等へのアクセスに大変便利です。